<< あしたは どっちだ | main | School Days 第十二話 「スクールデイズ」 感想 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

みっしり!

東京事変
EMIミュージック・ジャパン
¥ 3,059
(2007-09-26)
東京事変の新譜が出ていたので、さっそく聴いてみた。
先行シングルの「キラーチューン」がすごく好み
だったので期待していたんだけど、よかった!
今回林檎嬢は作詞と歌のみに専念して、曲はほかの
メンバーが担当しているらしく、それがいいほうに
作用してるんじゃないかなー、と。
自家中毒的なところがなく、すこーん、
と突き抜けたアルバムになってると思います。

ところで、三曲めの「金魚の箱」が、京極夏彦原作の映画
『魍魎の匣』のエンディングテーマに決まってるらしい。
林檎×京極って…いままで、ありそうでなかった(?)コラボだな…

で、映画の話なんですが、久保竣公をクドカンが演るって
ところに興味がわいた。原作の久保は「繊細で神経質な若手
幻想作家」ってイメージで、クドカンとはかけ離れてるんだけど、
これはこれで、妙に説得力がある気がする…

ちなみに、京極堂のビジュアルイメージは、初読のときから
ずっとBUCK-TICKのボーカル、櫻井敦司↓


posted by: アダチアタル | 雑記 | 20:10 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:10 | - | - | - |
コメント