<< 恋人たち | main | スピード狂の詩 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

ガフの部屋はからっぽじゃなかった。

 ヱヴァ「破」を観てきました。

※ネタバレを含みます







「序」のころからループ説はささやかれていたけど、
今回「赤い海を青にもどす」というかたちで
けっこうベタにそれが提示されている。
あくまで「ループ」じゃなくて「パラレル」
という可能性も否定できないけど…

それにしても、今回の綾波さんはほとんど別人
クライマックスでシンジくんから
「この私」という固有性も保証され、
テレビ版の養殖綾波というトラウマも、
メタレベルで抹消されている…かに見える。
(次回予告を見る限りでは、まだ定かではない)

ある意味、テレビ版の「二人目」の綾波さんが
感情を獲得したまま生き延びたパターンにも思えるが、
しかし、シンジくんとゲンドウの仲を取り持つために
食事会を開こうと画策したり、手を傷だらけにして
料理の練習をしたり、しまいには「ぽかぽか」発言と、
今回の綾波さんの変貌ぶりは、シンジくんが
「笑えばいいと思うよ」でフラグを立てたからとか
そういう卑小なレベルでは到底ない。

「エンドレスエイト」の長門さんじゃないけれども、
今回の綾波さんは、旧版の記憶を引き継いだまま
バッドエンドを回避するため
ひとり奔走しているかに見えてしょうがない。
(旧版を「バッドエンド」と言い切るには抵抗があるが。
旧版とは「別の可能性」を模索している、といった感じか)

その点では、やっぱりループ説を採用したい欲望にかられる。
そうでないと「この綾波は、俺の知ってる綾波じゃない!」
という気持ちになってしまうから…

どうも旧版への思い入れが強いせいか、
旧版のよくも悪くも「とんがった部分」を丸くするために、
綾波さんの「キャラクター」が生贄にされたみたいで、
どうも居心地の悪い思いがしました。そういう意味では、
シンジくんのキャラクターもかなり変貌してるけど…
そして、あいかわらずマダオなゲンドウ

批評家の福嶋亮大氏こちらで指摘されているように、
「エンドレスエイト」では、視聴者は、ループを繰り返している
「長門視点から見た世界」を共有することになり、
そのぶんループの構造がクリアに見えている
(からこそイライラさせられる)わけだけど、
仮に今回のヱヴァがループだとしても、
視点はあくまでシンジくんに設定されているため、
綾波さんのキャラクターが旧版から変貌した
真の理由を、視聴者がうかがい知ることはできない。
よって、やきもきさせられる(…のは僕だけですか?)

まあ、ループに見えたりパラレルに見えたりする部分は、
うまいことごまかしたまま完結しそうな気もしますが、
そんなことは関係なく、次回の「Q」が楽しみです。


JUGEMテーマ:映画
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
posted by: アダチアタル | アニメ | 12:37 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:37 | - | - | - |
コメント