<< 痛チョコのこと | main | 略語のこと >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

森見 登美彦
角川グループパブリッシング
¥ 580
(2008-12-25)
解説の羽海野チカ先生のイラストに惹かれて買ったんだけど、
これはおもしろかったなあ。ライトノベルが中高生のための
エンターテインメントだとすれば、これはおもに大学生や
若い社会人のためのエンターテインメントだと思った。

すごくファンタジックでロマンティックなラブストーリー
……というか、「まだ恋は始まらない」状態だから、
正確にいえばラブ「未満」ストーリー。
冴えない大学生の「私」が画策する、
なるべく「彼女」(黒髪の知的好奇心旺盛乙女)の目に
とまる作戦……通称「ナカメ作戦」の顛末紀で、
「私」と「彼女」の一人称で交互に語られる。
その「すれ違いっぷり」がこの作品のひとつのキモ。

「私」からすれば取るに足らない石ころみたいな「日常」も、
「彼女」の目を通してみると、キラキラひかる宝石に見える。
そのギャップがうまく描かれていて、おれ自身も否応なく
「彼女」に魅了されてしまう。文体が独特なので最初は
若干の抵抗感もあったが、慣れるとそれも「非日常」へと
いざなうための演出として機能する。

この作品を通して語られるのは、
「すべてはつながっている」
というテーマだと思った。
第二章で「古本市の神様」が披露する、
あらゆる本をつなげるエピソードしかり。
この作品を読んでいると「ご都合主義も悪くないよなあ」
そして「人生も悪くないよなあ」と思えてくる。
あと、無性に酒が飲みたくなってくる(笑)。


これはマンガやアニメにしてもよさそう、と思ったら、
すでにコミカライズされているらしい。さすが角川。
アニヲタの習性として、ついつい脳内キャスティング……

彼女:広橋涼
羽貫さん:雪野五月
樋口さん:遊佐浩二

「私」が意外とむずかしいよなあ。杉田智和だと
まんまキョンになってしまうおそれもあるし。
ともあれ、アニメ化するならノイタミナ枠が最適かと。

JUGEMテーマ:読書
posted by: アダチアタル | 本の感想 | 17:50 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:50 | - | - | - |
コメント