<< 大統領就任演説のこと(2) | main | 今週のダブルオーのこと >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

バクマン。22ページ「邪魔と若さ」

福田さん
今の「ジャンプ」に
不満でもあるんですか?
の巻

これが若さか……
というわけで、なんかめんどくさいヤツ登場。
サイコーと同じ新妻エイジのアシスタントにあたる、福田真太クン。
こう、若さゆえのあやまちというか、年上のアシさんである中井さんを
見下す発言を連発。サイコーはこの、新妻、福田、中井のギスギスした
(新妻大先生だけはあいかわらずマイペースだが)
輪の中に入っていけるのか?……と思っていた矢先、
新妻大先生の連載『CROW』の人気があまり芳しくないという
事実の前に、なぜか新妻、福田、サイコーの三人が一致団結
協力して『CROW』アンケート一位を目指すのだった……

こうなったら、年長者の中井さんもウカウカしてられないよなあ。
とかいってると、来週あたり中井さんアシ辞めてるかもしれないけどw

一部では、これからジャンプに投稿しようという
マンガ家志望のひとたちの夢を奪っているんじゃないか
(だから夢を食う爛丱瓮泪鵝なのか?)
との声も上がっているこのマンガですが、おれの感想としては、
「この作品を読んで絶望してるようでは、連載でもっと地獄を見るよ。
ジャンプのアンケートシステムに潰されるよ」
という大場先生の
老婆心のようなものを感じるのですが、どうでしょうか。
(そういう意味では夢(幻想)を奪っていることにはなるのかな……)

「作品」であるまえに「商品」である、というのは、
この資本主義の世の中のすべてのエンターテインメントに
いえることで、その世界で、しかもジャンプという一線で
やっていこうというのは、やはり生半可な覚悟では無理だと思います。
このマンガを読んでいると、ジャンプサイドは
より精神的にタフな若手を求めているのかな、という印象はあります。

とはいえ、デスノートの場合ではうまく機能していた
大場先生のある種「悪趣味」な部分が、このマンガは
より現実に即しているだけに、一部の読者の神経を逆なで
しているんだろうなあということは、容易に想像できますが……

その「悪趣味」を極め、かつそれをエンターテインメントに
昇華できる稀有な才能こそが冨樫先生だと個人的には思うのですが……
冨樫先生早く連載再開してください!FF11もあんなことになったことだし

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
posted by: アダチアタル | バクマン。の感想 | 15:58 | comments(2) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:58 | - | - | - |
コメント
 
2009/01/25 5:10 PM
Posted by: name
前回の長ったらしいコメント本当に失礼しました
読む人の事も考えずにベラベラと 反省ですね

今回からのチャラいツンデレ男は面白かった!

べ 別にCROWの為に協力してあげるんじゃ
ないんだからねッ// ライバルに消えてほしくない
だけなんだから 勘違いしないでよね///!

的なアレ

2009/01/25 5:34 PM
Posted by: ナガセ
どうぞお気になさらず。
福田くんは今後も活躍してくれそうですね。
一話でデレるのもどうかと思ったけど、
あのままじゃウザいだけですからねw