<< 「時をかける少女」のこと | main | バクマン。22ページ「邪魔と若さ」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

大統領就任演説のこと(2)

"Let it be told to the future world...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet it."

「未来に語り継ごう。希望と美徳だけが生き残るこの真冬の底で、
この街とこの国が、共に危機に瀕し、それに立ち向かったのだということを。」
演説のなかでも最も印象的だった、この引用の元ネタをたどっていったところ、
トマス・ペインの「アメリカの危機」(The American Crisis)かららしい。
Wikipediaでもさっそく編集がなされていた。
President Barack Obama referenced the reading of Paine's book by General Washington to the enlisted men and quoted a section of the American Crisis in his inauguration speech on January 20, 2009.
ところで岩波文庫のトマス・ペイン「コモン・センス」
(アメリカ独立戦争の精神的支柱となった著書)
は現在絶版らしいので、ぜひこれを機に復刊してもらいたいものです。

JUGEMテーマ:日記・一般
posted by: アダチアタル | 雑記 | 02:08 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 02:08 | - | - | - |
コメント