<< 「鉄鍋のジャン!」ミステリー | main | こたつでみかん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

「一緒に死のう、この世界に抵抗するために――」
 御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は医療経済を核にした福祉厚生社会を実現していた。誰もが互いのことを気遣い、親密に“しなければならない”ユートピア。体内を常時監視する医療分子により病気はほぼ消滅し、人々は健康を第一とする価値観による社会を形成したのだ。そんな優しさと倫理が真綿で首を絞めるような世界に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した――。
 それから13年後、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、かつて自殺を試みて死ねなかった少女、現在は世界保健機構の生命監査機関に所属する霧慧トァンは、あのときの自殺の試みで唯ひとり死んだはずの友人の影を見る。これは、“人類”の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語――。『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。

とても静謐で、切実な、祈りのような物語。

正直いって、最初は少しあなどっていた。
またこのパターンか、と。オッサン(失礼)が「少女」に仮託して
自らのセンチメンタリズムをぶちまける、大塚英志的なアレか、と。
実際、序盤のヴァージンスーサイズ、少女たちの心中(未遂)事件は、
夏目エリスを連想させる(というたとえも相当わかりにくいが……)

だから、『魍魎の匣』の柚木加奈子のように、
あるいは『絡新婦の理』の織作碧のように、最終的には
御冷ミァハのカリスマは解体されるのだと思っていた。
なんだかんだいって、ハルヒみたいに、ちょっと痛い
フツーの女の子(事実ミァハは「ただの人間には興味が
ないの」
とうそぶく)だったということが明らかになって
無難に着地するのだと思っていた。でも、その予想は
気持ちいいくらいに裏切られた。クライマックスにおいて、
ミァハ様は圧倒的な存在感で再臨し、本当に「意識」が
飛ぶような衝撃的な結末をもたらし、逝ってしまわれた。
「語り手」の霧慧トァンと同じく、おれ自身もまったく
といっていいほどなすすべがなかった。あと十歳若かったら、
影響受けすぎて自意識がヤバいことになっていただろうと思う。
読後五分くらいは、ただただため息をつくしかなかった。
こんな打ちのめされる読書体験はひさしぶりだった。

冷静になって考えてみると、この作品は前作の『虐殺器官』と
合わせ鏡になっている。語り手の性別、世界観、そして結末
に至るまで、さまざまな点においてきれいに対をなしている。
しかし、あえていえば、これで終わっていいのか、という
気持ちはある。この『ハーモニー』の終幕はたとえようもなく
美しく、時間軸的に『虐殺器官』のあとにあたる物語であることを
踏まえたとしても、単体の作品として充分に完結しているのだが、
それでも、この作品はたとえば「N部作の二作目」なんじゃないか、
というような邪推をしたくなってしまう感触がないこともない。

以下、雑感。

一瞬、清涼院流水かと思ったw

男性作家の女性一人称モノはきらいじゃない。
太宰の女学生モノは個人的にあまり肌に合わないけど、
作中でも言及されている安吾の女性一人称はキュートでじつに萌える。
「青鬼の褌を洗う女」とか「私は海を抱きしめていたい」とか。

新城カズマの「サマー/タイム/トラベラー」といっしょで、
語り方自体に必然性というか意味があるのが憎いところ。

これ、押井監督に映像化してほしいなあ……
「犯人」が最初に自殺しているところとか、劇パト1のホバだし。
インターポールの名刺男の役回りは、まんま劇パト2の荒川だし。
あと、「首席」の声優はぜひとも榊原良子様で!



追記:『虐殺器官』刊行当時の著者インタビューより
『虐殺器官』に登場する「虐殺の文法」について――
だから「解毒剤」がつくられるとしたら、それは「文法」に対する解毒剤というよりは、完全平和状態、完全理性状態を人類にもたらすような、ある意味で「文法」の鏡写し、それはそれで想像するとちょっと恐ろしい別世界をつくりあげるツールになるでしょうね。
この時点で、『ハーモニー』は予言されていたんだな。

JUGEMテーマ:読書
posted by: アダチアタル | 本の感想 | 22:20 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - | - |
コメント