<< かんなぎ 第十一幕 「でも、あやふや」感想――「神様の自分探し」のこと | main | ナギ、心の向こうに >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

めり☆くり

「クリスマス中止のお知らせ」的な想像力にも正直飽きてきたので、
クリスマス中止をもくろむ派閥(クリスマス・テロル)の魔の手から、
あえて恋人たちの聖夜を守るために立ち上がった孤高の戦士たち
(ロンド・シングルベル)の知られざる戦いの記録とかどうでしょうか。
監督は「アルマゲドン」のマイケルベイで。クライマックスは、こう、
漢たちがイルミネーションをバックにスローモーションで歩いてくる感じで。

今年のクリスマスも、ブルース・ウィリス的な誰かが悪態つきながら
守っているんだと思えば、素直にお祝いする気持ちになりますよね。
ウィリスさん的な人(CV:野沢那智)が戦いを終えて家に帰ると、
かわいい娘(CV:かないみか)が待っていてこういうんですよ。

「パパ。きょうあたし、ほんもののサンタさんを見たわ」
「あぁん? どこでだい、ステファニー?」
「ここよ、パパ!(ちゅ!)」


みたいなね。どうでもいいですね。すみません。



なにはともあれ、メリークリスマス!

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by: アダチアタル | 雑記 | 13:14 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 13:14 | - | - | - |
コメント