<< バクマン。18ページ「ライバルと友達」 | main | 「利用され系」主人公のこと >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

ユリイカ 増刊号 総特集=初音ミク

初音ミクは「100パーセント所有できるけれども、所有した対象に対して何の責任も取らなくてよい」というところに、妙な感覚があるような気がしています。――平沢進
正直いまさら感は否めない特集ですが、
そして、事実座談会とかすごくgdgdな内容だったのですが、
平沢進のインタビュー記事! これはすごくおもしろかった!

男性の抱く理想の女性性の話、バーチャルアイドルが流行らなくて
なぜ初音ミクは当たったのかという話、女装ブームの話、
著作権の話、などなど……興味深いネタてんこもりでした。

平沢さんは実際自分の楽曲にMEIKO姉さんとか使っているらしく、
実作者の立場から、しかし、少し一歩引いた目線で、
冷静に「ボーカロイド」というものを捉えていて、それが
このインタビューのおもしろさにつながっているんだと思います。

上で引用した部分も、ミクを調整することを「調教」といってしまう
感覚を的確に表現しているように感じます。「調教」という言葉に
関しては、以前ちょっとした論争があったような……
この件については、また調べてから記事を書くかもしれません。

JUGEMテーマ:VOCALOID2
JUGEMテーマ:読書
posted by: アダチアタル | 本の感想 | 16:21 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:21 | - | - | - |
コメント