| main | 文學少女の友 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

イニシエーション・ラブ

評価:
乾 くるみ
文藝春秋
¥ 600
(2007-04)
最近読んだ本。
この作家さんの小説は、どれもネタバレせずに感想書くのむずかしいんですが…。
ご多分にもれず、これもそう。
といっても、一見したところ、80年台を舞台にした恋愛ドラマって感じなんです。

主人公の「たっくん」と、ヒロイン「繭子」の甘くてすっぱい恋模様。


…で、ネタバレをおそれずに感想をいうと、










「電車男」のエルメスって(実在するか知らんけど)、
この繭子みたいな女性だったのかもしれんなあ、

って、読み終わったあと、ちょっと思いました。

ぼくのイメージでは、エルメスって、
ほわほわしてるようで、結構したたかなひとなんじゃないかなー、
という気がするんです。

そういう女性のしたたかさみたいなものを、
構成の妙で表現してみせたのがこの本。

世に出たのは、ひょっとして、電車男よりこっちのほうが早いのかな。

…調べたところ、これの単行本が出たのと、
電車男のスレッドが立ったのが、ほぼ同時期みたいです。



というわけで、この作家さんの本を読んだことない人も、

「エルメス エピソード1」

みたいなノリで読むとけっこうおもしろいかも。
ひょっとしたら、一回めは「???」ってなるかもしれませんが、
書評サイトとか見て、あらためて読み返してみると、きっと「おー! なるほど!」ってなると思います。


帯のあおり文句にもあるとおり、
ついつい「読み返さざるを得ない」一冊。
posted by: アダチアタル | 本の感想 | 20:59 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:59 | - | - | - |
コメント