<< 月光条例 1 (1) (少年サンデーコミックス) | main | ガンダム00第二期 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

香子萌えの俺が3月のライオンについて本気出して考えてみた


262 名無しんぼ@お腹いっぱい 2008/06/28(土) 11:19:21
いい加減3月のライオンを将棋マンガと勘違いしている奴うぜぇ
将棋マンガじゃないし
ハチワンダイバーの方がよっぽど将棋マンガ

288 名無しんぼ@お腹いっぱい 2008/06/28(土) 11:28:40
将棋マンガじゃなかったらなんなのよ

300 名無しんぼ@お腹いっぱい 2008/06/28(土) 11:31:22
>>288
フクフク…かな?

俺は将棋には興味を抱かないけどあかりさんのおっぱいに魅入られた

304 名無しんぼ@お腹いっぱい 2008/06/28(土) 11:33:02
>>300
うわぁ・・・・

306 名無しんぼ@お腹いっぱい 2008/06/28(土) 11:33:57
>>300
( ;∀;)・・・

311 名無しんぼ@お腹いっぱい 2008/06/28(土) 11:34:55
>>300
(ノ∀`)




……って、違う!

「3月」の本質はあかりさんにあらず!
はじめに香子ありきなんだよッ!!!!!
というのは、別に俺が香子萌えだからいうのではなくて、
このマンガはほかならぬ香子の言葉からはじまるからです。

ゼロだって――
ヘンな名前ぇ――

――でも、ぴったりよね
アナタに

だってそうでしょ?

「家も無い」
「家族も無い」
「学校にも行って無い」
「友達も居無い」

――ほら
アナタの居場所なんて

この世の何処にも
無いじゃない?

しかし、このセリフは、いま、確実に香子自身にはね返りつつある。

以前もこのふたつの場面の類似などから、





「3月」が一種のエヴァのオマージュなんじゃないかと
書きましたが、羽海野先生は以前にも
綾波レイが恢復する物語を描いていました。
いうまでもなく、「ハチミツとクローバー」の理花さんです。
(理花さんを癒したのは純愛ストーカーの真山でしたが…)

零くんがその名前のとおりレイであり、
あるいはまた主人公ということでシンジであるとするなら、
香子はアスカということになる。
これはもちろん「きょう」と「あす」という語呂合わせだけではなくて、
零くんがぐんぐん将棋とシンクロしたのに対して、
香子は、アスカがエヴァとシンクロできなくなってしまったのと同じように、
将棋とシンクロできなかった存在だからです。

「3月」に、零くんがフクフクになる物語、
ほのぼの展開を望む声も多いようですが、
そして実際、零くんとひなたの関係を主軸にした
「優しい物語」というふうに売り出されていますが、
俺の感想はちょっと違います。

そもそも、将棋の世界というのは、フクフクとは対極にあると思う。
むしろ、食うか食われるかの修羅の道。
それを体現しているのが二海堂くんです。
彼は、そのメタボでフクフクな見た目とはうらはらに、
あきらかに将棋に一生を捧げる覚悟を持った人間です。
あの、ひなたに将棋を教えるために渡した絵本に、
将棋への執念にも似た熱い想いを感じたのは俺だけでしょうか?

また、彼があかりさんちにお邪魔した際、
あかりさんのフクフク攻撃をさりげなくかわしているところもポイントです。
もちろん、これは彼の体調の問題もあるでしょう。
彼が零くんの部屋にはじめてお邪魔したときはピザとコーラだったのに、
つぎにおとずれたときには「やけにヘルシーな」お弁当になっている。
二海堂くんの体調のことを考えると非常につらいものがありますが…
しかし、だからこそ、彼は「「二海堂ワクチン」とか「二海堂システム」とか
名前の入った技を後世に残す」
ことに憧れているのでしょう。

香子もまた、二海堂くんとはまた違った意味で
フクフクとは遠い場所にいます。
将棋とシンクロできなかった彼女は
「街で遊びまわるように」なってしまった。
エヴァとシンクロできずにイインチョーのところにお泊りしたり
ふらふらしていたアスカの姿とだぶります。

もしかしたら、今後、彼女も三月町の川本家(あかりさんち)を
おとずれる展開もありうるかもしれない。だとすれば、
フクフクマイスターであるあかりさんが、
香子のココロのスキマに
介入しないわけがない。

しかし、そこは
世界でいちばん高貴なメスライオン
である香子のことなので、
そう簡単にはフクフクにはされないでしょう。
むしろ、嵐のように、川本家を内側からむちゃくちゃにしようと
さえするかもしれません。

まあ、それは俺の勝手な妄想としても、
おそらくフクフクという概念が作中で
否定的なニュアンスで語られることはいっさいないでしょう。
それだけあかりさんのフクフクは絶対であり、
あかりさんにかかれば、将棋さえも、世代をつなぐ絆のゲーム
ということになる。しかし、あかりさんが将棋を「ゲーム」
と呼んだことに引っかかるものを感じたのは俺だけでしょうか?


少なくとも、二海堂くんにとっては将棋は人生そのものでり、
「ゲーム」というふうには呼ばないと思う。
では、零くんにとっての将棋とはなんなのだろう?
その答えは、今後の物語のなかで語られていくことでしょう。

今回の連載でついに零くんのまえに姿をあらわした香子。
香車は成るか。あるいは…
これからも見守っていきたいと思います。(おもに香子を)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
posted by: アダチアタル | 本の感想 | 19:24 | comments(19) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:24 | - | - | - |
コメント
 
2008/12/04 1:56 AM
Posted by: Aim
3月のライオンの続きが気になり、『零 香子』
で検索して、このページに辿り着きました。

香子を

『ライオン』

そして

『香車』

として見た主さんの顕微鏡に脱帽です。

本当に説得力ありますね!
以前から理花さんが私にもレイに見えたのですが、

香子と零が

あの『気持ち悪い』シーンとリンクしていると考えられた事に衝撃でした。

羽海野さんの感性は暖かく、シュールな笑いが手前に出ていますが、

私もEVAの様な人間の悲しさ、儚さと、美しさを彼女の作品に重ねます。

現に、ウミノさんの作品と、EVAは私の中で一、二を争う私を震撼させた作品に入ります。

ライオン二巻読んで、ラストで号泣しましたし、

香子のボディライン、美しさに釘付けでした!

ちなみに女子です♪
2008/12/05 1:30 AM
Posted by: ナガセ
はじめまして
香子萌えという勢いだけで駄文を書き連ねましたが、
少しでも共感していただける点があればさいわいです。

羽海野先生の作品は、それこそ猫ちゃんにいたるまで
みんなキャラが立っていて、いつもおどろかされます。
2巻も、シリアスあり、将棋絵本ありと、
とても濃い内容になっていましたね。

くっつくくっつかないの恋愛ざたはともかくとして、
零くんと香子さんが今後、あたたかな関係を築いてくれる
ことを祈りつつ、今後の連載も期待したいと思います。
2008/12/21 8:14 PM
Posted by: グレグレ
どうもはじめまして。
「3月のライオン」「エヴァ」のワード検索でこのサイトにたどり着きましたw
いやはや、やはり同じような事を感じている人がいるもんですね。
いや、正直に言うと逆になぜ、この2作の類似点を上げている人がこんなに少ないんだ、とも思いました。
ナガセさんと同じく、最初にエヴァエヴァセンサーがビビっときたのはしょっぱな1話目の1〜2ページ目ですね。「あれ?エヴァっぽい?」と。
実は羽海野先生の作品を読むのは3月のライオンがはじめてなので、ハチクロについてはまったく知らないんですが、これは・・・面白いですねぇ。
さらにぶっちゃけると読み出したのが2巻が出たころで、もう本当にバリバリの新参ですが、思ったことをコメントしてみます。
記事内でナガセさんも上げていますが
>零くんにとっての将棋とはなんなのだろう?
決定的にああこれはエヴァだなと思ったのはまさにこの点です。
具体的には、例えば零くんが将棋の神様と契約を結ぶシーン。
あれはシンジくんが逃げちゃだめだを連呼しながらエヴァに乗るのを決意する場面と一緒だと思うんです。
シンジくんは他に自分が必要とされる居場所が無かったから、消去法でエヴァに乗らざるを得なくなります。そして紆余曲折を経て、TV版最終回では消去法の結果だろうとなんだろうと、その時点で自分が置かれている状況を精一杯生きることに意義を見出します。
3月のライオンの芯の部分、零くんの成長は、上記のシンジくんの成長と同じベクトルの、いかにして「現状」を肯定して生きていけるか。それを発見する話になるだろうと思うんです。
で、それを一番最初に示唆したのが1話冒頭の香子のモノローグであることから、この物語が「はじめに香子ありき」であるというナガセさんの主張には超賛同します。
あ、言っときますけど決して僕も香子萌えだからとか関係無いですよw

それとフクフクに関してなんですが、零くんは話の過程であかねさんのフクフクや色んな人との出会い中で成長していきます。そして物語りの最終段階で零くんは、食うか食われるかの修羅の世界でもそこで生きていく自分を肯定し、意味を見つけ出すだろうと思うんです。
そして、その時の零くんの心はフクフクになってると思うんですよ。というのもフクフクの反対ってやさぐれた心だと思うんです。だからナガセさんが言う、フクフクの反対が将棋の世界っていうのはいまいちピンと来なかったんですが。うーん、どうでしょうかww
すみません、なんか短くコメントするつもりだったのにずいぶん長々と書いてしまいましたw
2008/12/21 9:03 PM
Posted by: ナガセ
はじめまして。かような駄文にリアクション
していただいて、非常に恐縮しておりますw

フクフクに関するご意見は、自分も正直過剰に
反発しすぎたな、と反省しています。何人かの
友人にも同じようなツッコミを入れられました。

グレグレさんのご指摘のとおり、この作品は
「フクフクか修羅か」というような強制二択の
世界観ではないですね。自分があかりさんの
母性に引き込まれるあまり、反動でこんな貧しい
読み方になってしまいましたが、本編では
あかりさんに限らず、いろいろな人との交流で、
零くんのやさぐれた心があたためられていく、
という展開になりそうな感じがしますね。
将棋の世界に身を置くなら、フクフクは捨てて
修羅になれ、というのはいささか乱暴すぎました。
まったくもって「フクフクは正義!」ですw

この作品のタイトルはウィキペディア先生によると
「3月は荒々しい気候とともに始まり、穏やかな
気候で終わる」というイギリスのことわざに
由来しているそうですが、まさにそんな展開に
なっていくのかもしれませんね。



>具体的には、例えば零くんが将棋の神様と契約を結ぶシーン。
あれはシンジくんが逃げちゃだめだを連呼しながらエヴァに乗るのを決意する場面と一緒だと思うんです。

このご指摘にはハッとさせられました。
自分は女性陣ばかりに目を奪われちゃってますが、
主人公はあくまで零くんであり、やはりそこにも
エヴァへのアンサーを感じさせるものがありますね。

かなり目からウロコが落ちた気持ちです。
いてもたってもいられなくなってきたので、
さっそくまたコミックを読み返そうと思いますw
2008/12/21 9:15 PM
Posted by: ナガセ
失礼しました。
上記のことわざは意訳で、
正確には、

March comes in like a lion
and goes out like a lamb.

(三月は獅子のようにやって来て、
羊のように去っていく)

というもののようです。
2010/11/28 12:06 AM
Posted by: さめぱ
 こんにちは、2年ほど前に「グレグレ」というHNでこちらにコメントを残した者です。当時は受験中で本当に時間がなく、こちらの『3月のライオン』の記事に対する自分の考えを書くだけ書いて、その後せっかくお返事をいただいたにも関わらず返事を書くことができませんでした。そのことをずっと心苦しく思っていたのですが、この度『3月のライオン』の新刊が出たのにあたって自分のブログに感想を書きまして、どうせならこの機会にあの時のことを謝っておこうと思いまして、再びこちらのコメント欄にお邪魔させていただきました。あの時は返事が書けなくてすみませんでした。
 というわけで今更2年越しの書き込みで恐縮ですが、あの時のお返事をばw
 単行本が2巻までしか出てなかった当時とは違い、現在は5巻まで発売されてお話もずいぶん進んできましたね。それでもストーリーの軸となるのはやはり、2年前にコメ欄でのやりとりでナガセさんも同意してくれた「フクフク追求」であることに変わりは無いと思います。
 二年前の時点では重度の「やさぐれ」具合だった零くんや香子も、少しずつポカポカ・・・じゃなかったw フクフクしてきたり、別の面を見せたりしてきてますね。最新刊のラストでは衝撃の新展開になってますし、ますます続きが楽しみです。「march comes in like a lion〜」のことわざの通り、零くんたちがフクフクな幸せを獲得するために嵐の中で頑張ってる今の姿はついつい応援してしまいます。「フクフクは正義!」に同意ですw
2010/12/12 10:40 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/17 8:33 AM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/18 11:11 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/23 2:29 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/27 7:57 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/27 11:20 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/01/11 6:21 AM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/01/17 1:44 AM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/03/26 4:28 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/05/27 8:50 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/06/02 12:31 AM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/08/29 2:48 PM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2012/03/02 8:40 AM
Posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。